何をもらったら嬉しいか相手の身になって考える

calendar

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

what's new

リピーターの増加目的でもノベルティは有効な手段

» more detail

複数サイトで見積もり比較

» more detail

自社宣伝よりも優先すべきはノベルティ自体の魅力

» more detail

記憶に残りやすい身近な品物

» more detail

ノベルティ制作は業者選びが大切

アパレルショップやレストラン、居酒屋など飲食店のオープンにノベルティを配布すると、たくさんの人にお店の存在を知ってもらうことができます。ノベルティはデザインにこだわりましょう。素敵なデザインを制作することで、企業のイメージアップにつながります。逆にセンスがあまり良くないと、イメージダウンになってしまうので注意しましょう。ノベルティは、ターゲットの年齢を考慮して制作するのが一般的です。若者ならスマートフォンやパソコン関連グッズ、中高年なら健康グッズというように、その世代が受け取って喜びそうなものを提案しましょう。
また、制作数や予算を明確にしておくことも大切です。予算があやふやで張り切り過ぎてしまうと莫大な費用がかかってしまうこともあります。制作は、優良な業者でオーダーしましょう。ホームページで情報を詳しく掲載されているか、料金が細かく説明しているかチェックしておくべきです。また、安さだけで判断し飛び付くのは危険なのでやめましょう。安さに重点を置いているところは、後々追加料金が発生することもあります。制作例が掲載されている場合は、デザインを見て、センスが良いと感じた業者にオーダーすると良いでしょう。

インパクトのあるノベルティ

「ノベルティ」は、どこへ行っても販売されていない特別なものです。レアなものだと、販売されている商品よりも値うちが高まることもあります。そんな特別なものだから、制作にはとことんこだわりたいものです。スタンダードなものだとボールペンやタオル、ティッシュなどあります。確かにどれも実用性があってもらって嬉しくなるものですが、あまりにも王道過ぎて「またか」と思われてしまいます。ワンパターンはやめて、受けとる人がアッと驚くようなインパクトのあるノベルティを制作してみてはいかがでしょうか。例えば「Tシャツ」は豪華景品のひとつとして人気です。
カッコいいデザインで、企業名を思いっきりアピールしましょう。ただ制作費用が高いのがオリジナルTシャツのデメリットです。少しでも制作費用を安くするために、低コストのプリント方法を選ぶなどして工夫をすると良いでしょう。また、ショッピングや旅先で大活躍する「エコバッグ」も人気ノベルティのひとつです。エコバッグの場合制作する上で大切なのは、素材選びと言われています。時間をかけて丈夫で破れにくいナイロンやコットンを厳選しましょう。コンパクトに折り畳めるものだとなお良いです。

企画から納品まで、すべて社内一貫の生産ラインで、お客様のご要望も、きめ細かく素早い対応が可能です。 他にはないオリジナルグッズ、オリジナルアイデアクリアファイルを、お客様と一緒に作ります。 データ作成時に役立つかんたん印刷ガイドでは、カラーや素材など詳しい情報を掲載しています。 他にはないも成型加工の特別なクリアパッケージをご用意しています。 ノベルティの制作なら社内一貫の生産「大同紙工」へ

post list

2017年07月27日
自社宣伝よりも優先すべきはノベルティ自体の魅力を更新しました。
2017年07月27日
複数サイトで見積もり比較を更新しました。
2017年07月27日
リピーターの増加目的でもノベルティは有効な手段を更新しました。
2017年07月27日
記憶に残りやすい身近な品物を更新しました。

Copyright(C)2017 ノベルティに何を選ぶかで変わる成否の分岐点 All Rights Reserved.