自社宣伝よりも優先すべきはノベルティ自体の魅力

calendar

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

what's new

リピーターの増加目的でもノベルティは有効な手段

» more detail

複数サイトで見積もり比較

» more detail

自社宣伝よりも優先すべきはノベルティ自体の魅力

» more detail

記憶に残りやすい身近な品物

» more detail

ノベルティ制作を依頼する前に

ノベルティを専門的に制作している会社は多いですが、対応している商品の種類や最小の発注単位などは会社によって大きく異なります。ノベルティ制作を依頼するのであれば、まずは何をどのくらい作りたいのか詳細を決めてから業者選びをすることが基本です。ノベルティは何らかの記念や無料で配布する商品を作ってもらうことが多くなりますので、安くできることは重要視されます。
もちろん完成度も大切ですが、予算内で仕上がるようにしなければならないからです。ノベルティの多くはちょっとした小物ですが、記念品などであればマグカップや時計などの大きなものも作られることがあります。基本的にはノベルティグッズは企業のロゴなどを入れたオリジナル商品になるため、デザインにこだわるところも少なくありません。
多くの企業がノベルティグッズ制作を行っているため、ノベルティ制作会社の数も多いのです。1個あたりの単価が安いからとあまりにも多くのノベルティグッズを作るのは配布にも困るため、なるべく少ない数でも対応してくれる会社を選択するのがポイントとなるでしょう。幾つかの会社を比較すれば、相場なども判断がつきやすくなります。小さなものなら1個数十円のノベルティも多くなっています。

目的に合わせたノベルティの選び方

会社や商品を印象付けるために欠かせないノベルティですが、ただなんとなくこのノベルティ、といったように選んでいませんか?ノベルティを選ぶ際は、コストは勿論ですが、伝えたいことに合わせて適切なものを選ぶことも大切です。基本的にノベルティは対象となる方がよく使い、よく目に入るものを選ぶことが大切です。身近なところで言うと、水道修理業者さんが冷蔵庫に貼るようなマグネットに電話番号などを印刷していますね。
あれはただ単に水道修理業者の間でマグネットが流行っている訳ではなく、水道に問題が発生した時にすぐ目に入るようにしたり、また、日頃からよく目に入る冷蔵庫に貼っておくことでいざと言う時に「そういえば」と思い出せるようになっているのです。
ですから、例えば、お酒を扱う場合は栓抜きやコースター、化粧品を扱う場合はあぶらとり紙やおしゃれで普段使いしやすいものなど、コストと相談しながらも、対象となる方がよく目にし、さらに商品や会社を印象付けられるものを選ぶと効果が上がります。勿論、定期的に目に入れてもらうためにはデザインも大切です。社名の主張も大切ですが、対象の感性に合うデザインにすることで目に入る頻度が増えれば、その分印象付けたりいざという際に思い出してもらうことができ、結果的にプラスとなることが多いのです。

post list

2017年07月27日
自社宣伝よりも優先すべきはノベルティ自体の魅力を更新しました。
2017年07月27日
複数サイトで見積もり比較を更新しました。
2017年07月27日
リピーターの増加目的でもノベルティは有効な手段を更新しました。
2017年07月27日
記憶に残りやすい身近な品物を更新しました。

Copyright(C)2017 ノベルティに何を選ぶかで変わる成否の分岐点 All Rights Reserved.